興味&好きなことで選ぶ

カナダ大都市ランキング! TOP10から選ぶあなたにぴったりの留学先

カナダの大都市で高校留学

カナダには魅力的な都市がたくさんあり、世界の住みやすい都市ランキングの常連になっている都市がいくつもあります。大都市と一言に言っても、近代的でモダンな雰囲気から自然を感じる事ができる都市など様々です。今回は留学先をどこにしようか検討中のあなたにカナダの数ある都市の中から大都市と呼ばれる主要都市を人口の多い順に紹介していきます。

都会で留学をするメリット

都会で留学をするメリットとしては、以下のようなものがあります。

  • 便利(ショッピングなど、必要なものはなんでも揃う)
  • 日本から直行便がある
  • スポーツ観戦、コンサート、美術館、博物館などが豊富
  • 多国籍(世界中から移民や留学生が集まっている)
  • 習い事、スポーツなども豊富、など

デメリットとしては、物価が高い、街の中心街などには治安の悪いエリアもある、日本人も多い(高校留学だけでなく、語学留学、カレッジ留学、ワーキングホリデー、お仕事や移住している方も多い)などが考えられます。

カナダでたくさんの地域の教育委員会が留学生を受け入れている中で、1つの選択肢として大きな都市を選ぶのもご自身の希望、夢、目標に合っているのであればとても良いと思います。この記事ではカナダの大都市ランキング順にそれぞれの都市の紹介動画とその街で留学生を受け入れている教育委員会も併せて紹介します。是非ご覧ください。カナダ高校留学リサーチのお役に立つと嬉しいです。

1.トロント/ Toronto(オンタリオ州) 約619万人

あれ、バンクーバーじゃないの?と意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はオンタリオ州の州都であるトロントがカナダでは人口が1番多い都市なんです。

古くから移民を多く受け入れてきた事もあり、人口の約半分は国外で生まれた人とも言われています。その為他文化で国際色豊かな人口構成となっています。

2.モントリオール/ Montreal (ケベック州) 約422万人

ケベック州最大の都市であるモントリオールは人口、経済規模共にトロントに次ぎ第2位の大都市です。公用語がフランス語である事でも知られていますね。大都市でありながら日本人留学生の割合が比較的低く、住民もとても親切である事も魅力のひとつです。

3.バンクーバー/ Vancouver (ブリティッシュコロンビア州) 約258万人

多様な文化が混ざり合い、気候も温暖で山や海に囲まれた自然豊かな環境から「世界で最も住みやすい都市」 と言われているバンクーバーは、人口規模が大阪市と同じほどで、カナダで第3の大都市となっています。

日系移民も多いので日本人にとっては馴染みやすく、アジア系のスーパーマーケットも街中で簡単に見つける事ができるでしょう。また市内から1時間以内で行ける距離にスキー場がいくつかあり、大都市でありながら冬にはウィンタースポーツを楽しむ事もできます。

4.カルガリー/ Calgary(アルバータ州) 約155万人

アルバータ州最大の都市であるカルガリー。経済活動は石油産業を中心に資源豊富な地域の特性を反映し、カナダで最も裕福な街とも言われます。近年では観光業に力を入れ、年間で 310万人以上の観光客がカルガリー・スタンピードを始めとして様々な祭典や興行に訪れる街となっています。 

移民の増加と共に、食の国際化も進んでおり最近ではラーメンの人気が非常に高くなっています。本格的なラーメン専門店も幾つかできており、特に昼食時には現地の人でにぎわっています。

5.エドモントン/ Edmonton(アルバータ州) 約146万人

日本人学生が留学先としてエドモントンを選ぶことはまだまだ知名度が低いエドモントン。日本人が少なく、生活費を抑えながら留学をしたいという方へおすすめの都市のひとつです。エドモントンがあるアルバータ州はカナダ国内で唯一の州税を課していない州で、多くの州が15%の消費税に対しアルバータ州の消費税は5%です。

またダウンタウンには北米最大級のショッピングモール「ウェスト・エドモントン・モール」がありますが街全体の雰囲気はゆったりとしている為、都会的な雰囲気と田舎の落ち着いた雰囲気のバランスが良く過ごしやすい都市です。

6.オタワ/ Ottawa(オンタリオ 州) 約140万人

カナダの首都であるオタワは人口第6位の都市です。トロント、モントリオール、ケベック、ニューヨークに囲まれたオタワは観光にも行きやすく、留学中他の都市にも行ってみたいという方にはおすすめです。

またオタワはかつてイギリスとフランスがその覇権を争っていた経緯があり、カナダに居ながらイギリスやフランスの文化を感じる事ができます。たとえば、オタワのシンボルである国会議事堂も、イギリスはロンドンのビッグベンを模した建造物です。

7.ケベック/ Quebec(ケベック州) 約82万人

ケベック州の州都であるケベックシティはカナダで最も古い歴史を持ち、城壁や景色が世界遺産として認定されている美しい都市です。ヨーロッパ調の街並みは、ロマンティックな雰囲気があり、特に秋の紅葉の時期はモントリオール同様に様々な国から観光客が集まります。

8.ウィニペグ/ Winnipeg(マニトバ州) 約81万人

ウィニペグは自然が豊富で草原や湖、川などが数多くあり、アウトドアアクティビティやスポーツなどが盛んです。夏は25度〜30度の日が多く、日本のように蒸し蒸しとはしていないので過ごしやすいですが、冬は−40度になる日もあるほど寒い気候が特徴です。またウィニペグには30以上の博物館、美術館があり、自然も文化も楽しむ事ができます。

ウィニペガーと呼ばれるウィニペグに住む人々はフレンドリーで留学生も快く受け入れてくれます。英語に自信がなくてもまずは笑顔で挨拶する事から始めてみましょう。

9.ハミルトン/ Hamilton(オンタリオ州) 約76万人

オンタリオ州はカナダ国内でも高い教育レベルで有名。トロントを中心に世界各国から優秀な学生が集まっていますが、近年では郊外の都市も人気となっています。トロントとナイアガラ滝の中間に位置する街ハミルトンは知名度はあまり高くありませんが、博物館や自然も多く、週末にはとろんとに遊びに行くなどメリハリのある留学生活を送ることができます。

10.キッチナー、ケンブリッジ、ウォータールー/Kitchener-Cambrigde-Waterloo(オンタリオ州) 約56万人

オンタリオ州西部の都市キッチナーは南にケンブリッジ、北にウォータールーが隣接し、3都市を合わせてトライ・シティーズとも呼ばれることがあります。従来よりドイツ系移民が多く、かつてベルリンと呼ばれたキッチナーには、豊かなドイツの遺産が受け継がれています。

カナダ中学・高校に関するご相談はお気軽に!

当サイトを上手に活用して頂くご案内「サイトナビ」

ABOUT ME
水谷 通孝
英語とカナダが好きな3児の父・1976年生まれ (趣味)ブラジリアン柔術・ギター(経歴)高卒→建設現場作業員→プログラマー→カナダ留学→英語講師→留学エージェント 留学体験談「高卒の大工さんがカナダ留学エージェントを始めるまで」
ホームステイで必要な英語フレーズ集

あなたが、ホストファミリーと良い関係を築くために、必ず知っておいて欲しい大切な英語フレーズや表現があります。例えば・・・

  • 誤解を招く表現を避ける方法
  • お願いの仕方や表現方法
  • 自分についてしっかり説明する方法
  • 許可や了承を得る表現方法
  • 招待やお誘いの受け方・断り方
  • 感謝の伝え方
  • 日常生活で必要な「確認」の方法
  • 言いにくいことを伝える前に使えるクッション

 

このようなことをPDFにまとめました。英語で相手と円滑でスムーズなコミュニケーションをするために必要な英語フレーズを身につけて良いホームステイ生活を送って、良い海外留学生活を送ってください。応援しています!