興味&好きなことで選ぶ

人口10万人程の小都市で不便ではなく、フレンドリーな人々に囲まれて、日本人が少ない教育委員会

小さな都市に大きな魅力

カナダには2つの側面があります。1つは移民の方が世界中から集まる多国籍なマルチカルチャーな都市、そしてもう1つはカナダという国のルーツから今まで伝統や歴史を守ってきた小さなカナダの街。もちろん、どちらもカナダの良いところですが、大きな都市には大学やカレッジ留学、語学留学、ワーキングホリデー、ひょっとしたら将来お仕事で訪れることがあるかも知れません。ですが、カナダの街にホストファミリーと一緒に滞在して生活できる機会は中学高校生しかありません。そこでこの記事では、カナダにある人口が10万人前後の、安全で、規模は小さいけれど、バスなどの交通機関があり、大きなショッピングモールもあり、不便もしない、勉強や現地の生活に集中するために高校生には向いているのではと思うカナダの都市をご紹介します。

メディシンハット (アルバータ州・人口7万人)

留学生を受け入れている教育委員会

レスブリッジ(アルバータ州・人口10万人)

留学生を受け入れている教育委員会

レッドディア(アルバータ州・人口10万人)

留学生を受け入れている教育委員会

サンダーベイ(オンタリオ州・人口11万人)

留学生を受け入れている教育委員会

キングストン(オンタリオ州・人口10万人)

留学生を受け入れている教育委員会

サドバリー(オンタリオ州・人口16万人)

留学生を受け入れている教育委員会

カナダ中学・高校に関するご相談はお気軽に!

当サイトを上手に活用して頂くご案内「サイトナビ」

ABOUT ME
水谷 通孝
英語とカナダが好きな3児の父・1976年生まれ (趣味)ブラジリアン柔術・ギター(経歴)高卒→建設現場作業員→プログラマー→カナダ留学→英語講師→留学エージェント 留学体験談「高卒の大工さんがカナダ留学エージェントを始めるまで」
ホームステイで必要な英語フレーズ集

あなたが、ホストファミリーと良い関係を築くために、必ず知っておいて欲しい大切な英語フレーズや表現があります。例えば・・・

  • 誤解を招く表現を避ける方法
  • お願いの仕方や表現方法
  • 自分についてしっかり説明する方法
  • 許可や了承を得る表現方法
  • 招待やお誘いの受け方・断り方
  • 感謝の伝え方
  • 日常生活で必要な「確認」の方法
  • 言いにくいことを伝える前に使えるクッション

 

このようなことをPDFにまとめました。英語で相手と円滑でスムーズなコミュニケーションをするために必要な英語フレーズを身につけて良いホームステイ生活を送って、良い海外留学生活を送ってください。応援しています!