入学手続き&準備

渡航準備(ステージ3)

学生ビザの許可書が取得できると本格的に渡航の準備をしていきます。以下に渡航準備の流れをご紹介します。

1. カナダ到着日の決定&航空券の手配

学生ビザの許可書が取得できたら、カナダへの渡航日を決めて航空券の手配を開始します。

1-1. カナダへの到着日の決定

カナダへの到着日は、各教育委員会の方で定められた留学生の受け入れ日がありますので、それに合わせて決定する必要があります。

重要:入学許可書に記載されている日付などから、ご自分で渡航日を決めないでください。必ず当センターからご案内する留学生受け入れ日を確認の上、航空券の手配をしてください。

1-2. 航空券の手配

当センターでもご希望の方に、航空券の手配をサポートしております。提携の旅行会社・エスティエートラベルの担当者から見積もりをとることが出来ます。以下のフォームから見積もりをとることが出来ます。是非、ご利用ください。

1-3. 現地到着情報の送付

航空券の手配が出来たら、到着日、時刻、便名、経由地などが記載された詳細の情報を当センターへメールで送ってください。出発地から最終目的地までの全ての航空券の情報を送ってください。

例えば、福岡空港から成田空港、バンクーバー空港、トロント空港、ハリファックス空港という長旅になる方は、国内線も合わせた福岡出発からハリファックス到着までの全ての航空券の手配をお願いします。

2. 留学費用の支払い

教育委員会への留学費用の支払いは、教育委員会によって前後する可能性がありますが、コロナの影響を考えて、申込時に申請費用の150ドルから450ドル(教育委員会ごとに異なります)をお支払い頂き、残りの大きな額の支払いは、教育委員会が提示している入金締め切り日までに支払いをすることになります。早い教育委員会で申込から2ヶ月後、遅い教育委員会だと入学日の1ヶ月前までと締め切りは少しずつ変わってきます。各教育委員会の締め切りに合わせてご案内差し上げます。

3. ホームステイ情報の案内

ホームステイ先の情報は、教育委員会へ留学費用を送金し、カナダへの到着予定を伝えてから、送られてきます。留学費用の送金や航空券の手配が遅れるとホームステイ先の情報もそれまで届きませんのでご了承ください。

3-1. ホストファミリーへの連絡

ホストファミリーの情報を受け取りましたら是非ファミリーとのコミュニケーションを開始してください。メールで挨拶をして、Zoomで話をしたりされる方もいらっしゃいます。英語の勉強にもなりますので是非トライしてみてください。

4. 任意保険加入の検討

カナダでの高校生活中の病気や怪我の治療費を賄う保険には教育委員会から提供されるものに加入します。この費用も教育委員会へ支払う費用の中に含まれております。この保険は医療保険であるため、人の物を壊した、人に怪我をさせたという損害賠償保険、日本からカナダへの旅行中のトラブル、そして万が一の時の死亡保険という要素は含まれておりません。そのためこの3つの要素の含んだ保険への加入をご希望される場合は、日本の保険会社が提供する留学保険に加入する必要があります。

教育委員会から加入する保険の詳細

カナダ保険
カナダの高校で加入する保険について 高校の費用に含まれる医療保険 カナダの中学・高校に留学をする際には、カナダで病気や怪我をした際の医療費を賄う医療保険へ加入する義...

5. カナダで利用するスマホSIMの契約

カナダで利用するスマートフォンのSIMカードを渡航前に日本で契約することが出来ます。現在、カナダへ入国する際にカナダで使える携帯電話の番号を持っている必要がありますので、渡航までにこちらの会社でSIMカードの準備をお願いします。

上記の申し込みフォームにエージェントを入力する欄があり、「ハリファックスサポートセンター」と入力頂くと手数料から1000円割引されます。少しですが是非ご利用ください。

渡航日の2週間前ごろにSIMカードが郵送で届きます。またカナダの電話番号は渡航日の2日前にメールで届きます。

6. 渡航時に必要な書類の送付

カナダへ渡航の際に必要な書類一式をご自宅へ郵送します。このパッケージの中には以下のようなものが同封されています。

6-1 渡航時に必要な書類

  • 学生ビザ許可書&バイオメトリクス登録通知
  • 入学許可書
  • ホームステイ情報
  • 後見人書類(日本とカナダで公証を受けた両方が必要)
  • 保護者による未成年の単独渡航の同意書
  • 健康保険加入証明書
  • 緊急連絡先の情報
コロナによる渡航制限時に必要な書類

上記の書類に追加して、2021年3月現在必要とされている以下の書類も合わせて郵送します。

  • 自己隔離プラン
  • 教育委員会の渡航ガイドラインと同意書
  • 入国様アプリ ArriveCANのインストールと登録

PCR検査・陰性証明書

2021年3月現在、カナダ行きの飛行機に搭乗するためには、出発時間前の72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書が必要になります。渡航日に合わせてPCR検査の準備をお願いします。

6-2 渡航時に必要な持ち物

教育委員会の方から渡航時に持参するように指示が出ている持ち物をご紹介します。

  • ハンドサニタイザー(消毒ジェル)大きめのボトル500m (手荷物ではなく、チェックインの際に預けるスーツケースに入れておいてください)
  • マスク(多め。5枚ほど手荷物に入れて、あとはスーツケースへ)
  • 体温計
  • 除菌シート(1pack)

6-3 空港出迎えの方の連絡先

カナダへ渡航する前に、以下の人たちの連絡先を携帯に登録しておきましょう。

  • ホストファミリー
  • 留学プログラムのスタッフ
  • 空港へ送迎にきてくれる人

空港への送迎は、ホストファミリー、留学プログラムのスタッフ、または教育委員会手配のドライバーとその時によって変わります。事前に誰が迎えに来るかはご案内差し上げます。

7. カナダで使うお金の持って行き方

カナダで使うお小遣いや雑費などを持っていく方法をご紹介します。近年一般的なのは、デビッドカードです。

7-1. デビットカード

大手銀行が提供しているサービスで、デビットカード機能のあるカードに VisaやMaster Cardが付いているものがありますので、現地で簡単に利用出来ます。現地のATMで現金にする必要もなく、そのカードでクレジットカードの様に利用出来ます。使うたびに登録したメールアドレスに通知が来るので、使いすぎをチェックしたい保護者の方にも便利かもしれません。

7-2. キャッシュパスポート

留学生向けに海外で資金を引き出すために提供されているサービスでキャッシュパスポートがあります。MasterCardの使える海外のお店で利用可能でATMで現金を引き出すことも可能です。

7-3. 現金

カナダでの生活ではほとんの場面でクレジットカード・デビットカードが利用可能ですが、現金が必要な場面もあるかも知れません。カードを紛失してしまった場合や盗難にあった場合などは、利用をストップさせる必要があるので再発行を待つ間のためにも現金をいくらか用意しておくと良いでしょう。渡航する際に、カナダドルで300ドルから500ドルほどあれば十分だと思います。

8. カナダで一般的な連絡用アプリ

日本ではLINEを使ったコミュニケーションが一般的ですが、カナダではLINEよりもよく使われる Whatsappというアプリがあります。このアプリは電話番号でユーザーを検索して追加し、LINEの様にメッセージを交換したり、無料で電話を掛けることも出来ます。Whatsappをインストールして、ホストファミリーや留学プログラムのスタッフさんと繋がっておきましょう。

9. よくある質問集

9-1. パソコンは必要ですか?

必須ではないですがあると便利です。特に卒業留学の方はあった方が良いです。英語の時間などに作文を書くことがあり、手書きではなくパソコンで作成して提出する必要があります。また授業でリサーチをして資料や書類を作成することもありますのでパソコンはあると良いでしょう。「ウィンドウズ・Macどちらが良いですか?」という質問もよく頂きますが、これはどちらでも大丈夫です。それほど性能が高いものでもなくても大丈夫です。

9-2. 長期留学の場合、住民票は抜いた方が良いですか?

未成年の留学の場合は、住民票から外さずにそのままにしておく場合が殆どです。役所に転籍届を出してしまうと一時帰国をした場合に日本で使える医療保険がなくなってしまいますので、そのままで留学する方が多いです。

9-3. 在留届の提出は必要ですか?

はい。必要です。カナダでの留学が3ヶ月を超える場合は在留届の提出が義務とされております。外務省のHPからオンラインで登録出来ますので、渡航日、ホームステイ先が決まりましたら登録をお願いします。

渡航前動画オリエンテーション

カナダへ渡航する前に必ずこちらの動画をご覧ください。

質問はお気軽にサポートセンターまで

渡航前に何か心配なことや質問がありましたら、ハリファックスサポートセンターまでご相談ください。

カナダ高校留学カウンセリングフォームカナダへの中学高校留学を検討中の方は以下のフォームからカウンセリングに必要な情報をご登録ください。あなたにベストの教育委員会を選ぶお手伝...
ABOUT ME
水谷 通孝
英語とカナダが好きな3児の父・1976年生まれ (趣味)ブラジリアン柔術・ギター(経歴)高卒→建設現場作業員→プログラマー→カナダ留学→英語講師→留学エージェント 留学体験談「高卒の大工さんがカナダ留学エージェントを始めるまで」
ホームステイで必要な英語フレーズ集

あなたが、ホストファミリーと良い関係を築くために、必ず知っておいて欲しい大切な英語フレーズや表現があります。例えば・・・

  • 誤解を招く表現を避ける方法
  • お願いの仕方や表現方法
  • 自分についてしっかり説明する方法
  • 許可や了承を得る表現方法
  • 招待やお誘いの受け方・断り方
  • 感謝の伝え方
  • 日常生活で必要な「確認」の方法
  • 言いにくいことを伝える前に使えるクッション

 

このようなことをPDFにまとめました。英語で相手と円滑でスムーズなコミュニケーションをするために必要な英語フレーズを身につけて良いホームステイ生活を送って、良い海外留学生活を送ってください。応援しています!